WeLove真!NL熊谷

WeLove真!NL熊谷

WeLove真!NL熊谷

【うぃーらぶまこと!なむこらんどくまがや】

正式名称熊谷ナムコランド店
公式webhttp://www.namco.co.jp/ar/location.php?id=64
運営母体(株)ナムコ (NBGIグループのアミューズメントカンパニー
所在地埼玉県熊谷市銀座2-97
マップmap:x139.3952y36.1389
公式マップ
料金1Play:\100, 6Credits/\500
サテライト4→0→→2(センモニなし)
最寄駅JR高崎線上越新幹線 熊谷駅北口徒歩7分
目印駅の北東側 LAOXと同じ建物の東側1F
駐車場あり。プレイ後退店時にカウンターでサービス券を受け取ると2時間無料。
営業時間10:00~24:00

の聖地。まさP曰く「別名:熊谷マコトランド」。

常連の鈴北Pや店員の皆さんを始めとするShooting Star事務所の人たちが熱心に「菊地真の聖地を作ろう」と運動努力した結晶と言えるロケーション。
設置場所にはWe Love M@KOTO!のモドキノボリが各サテライトの頭上にはためき、
サテライト両脇のパーティションパネルとコミュニケーションノートにはカッティングシートのシルエットが貼られ、
手前の休憩スペースにはパフェコミュ表やコミュノートが並び、
その反対側には他のゲームの50インチリアプロモニタを利用してXBox360版のプロモーションビデオ「Go My Way!」がエンドレスループで流れていた。
メインカウンターのショーケースにも、同人イベント「!夏祭り」のカタログや改造ピンキーを始めとするグッズがディスプレイされていた。

アイマスのみならず、最低\20からプレイできるゲーム(コブラザアーケード・マイエンジェル・青春クイズカラフルハイスクール 等)が用意されていたり、ショベル式プライズ機「スイートランド」が通常\100で1~2回という設定に対しこのお店では\100で「30秒間すくい放題」というブチ切れた設定になっているなど、「20年前のナムコランド」によく見られた「来店者に楽しんでもらうこと」に対する情熱が大きく受け継がれているお店。

2007-11-26(日)の最終稼動を以って撤去・その前の2006-11-24(金)には新機種導入の事前準備としてレイアウト替えとなることから、デコレーションが豊富に施された「の聖地」としての運用は2006-11-23(祝)が最後となるとの知らせが流れ、近県のみならず遠く関西・四国方面からをも含むプロデューサーたちが聖地惜別に訪れた。

当はてなプロダクションでも、巡礼オフを2006-11-23に実施した。

2007-05-22 奇跡的に復活したことが確認された!!
iM@sスタンプラリーの公式設置店ではなかったが、あずまこ(+千早)柄のボナレスタンプが設置された。
2007-09-15 iM@sスタンプラリー第3期(関東2ndシリーズ)の千早スタンプ設置店となる。


"THE IDOLM@STER" Copyright (C)2003-2007 namco, NBGI all rights reserved.